a texting man goes to park

めし、風呂、それから慶應通信、鷗外全集読むかも

副作用?

1/16に整体師さんに診てもらってから、デトックスばりのカフェインや小麦粉、ナス科食物などを抜いているが、今夕からけっこうキツめの頭痛がしている。整体師さんからは「カフェイン抜きをするときに、副作用で倦怠感や頭痛がするかと思います」と言われていたが、はたしてその通りになったのか。
とにかく、鈍痛が治まらない。曇り日なので、低気圧とかその影響なのかとも思ったのだが。

さっさと寝ようと思って、
しかしちょっとその前にと読みかけた、森功『鬼才 伝説の編集人 齋藤十一』(幻冬舎)が面白くなって、つい読みふけってしまった。

鬼才 伝説の編集人 齋藤十一

鬼才 伝説の編集人 齋藤十一

  • 作者:森 功
  • 発売日: 2021/01/14
  • メディア: 単行本

齋藤は「新潮社の天皇」といわれ、『週刊新潮』『芸術新潮』『フォーカス』『新潮45』を創刊した。いわゆる〈雑誌ジャーナリズム〉の生みの親ともいえ、小林秀雄太宰治新田次郎山崎豊子松本清張ら大作家に畏怖された編集者である。
その評伝なのだが、これがめっぽう面白くて、アタマが痛いのは痛いのだが、ページをめくる指を止められなかった。この話は頭痛が治まったときにでも。
f:id:zocalo:20190507215450j:plain